誰でもホームページが持てる時代に

誰でもホームページが持てる時代に

作成するのは専門知識を学んだプロのWEBデザイナーやプログラマーが主流で大学や専門学校を出てないと厄介ものでした。とても身近なものになったインターネット、企業や会社以外の個人も気軽にもホームページを持てるのです。

昔はホームページは限られた人のもの、会社は通販のページが主流で商品を紹介、販売したり会社の理念などを掲載するものだと思われていました。世界中の今まで知らなかった人と簡単にコミュニケーションが取れてメッセージのやり取りが可能、その為、国内外関係なく、途方住みの方でも色んな事に具さになれたのです。

その情報を正しく生かすのが我々にとって大事な事では欠如でしょうか?私達に本格的なインターネットが普通になってから既に20年経とうとしております。自分にとってプラスになる情報も瞬時に摂り入れられるので情報は溢れ返っているのが現状です。

今までとは違う繋がりが生まれ、人間関係にも変化が見られるようになったのも、インターネットあればこそなのです。しかし、現代ではそんな学校に行かず、専門知識も持たない中高生までもがブログやSNSなどで自分を発信している時代です。